人は誰もが自分の口にする言葉通りの人生を送っている

RELATIONSHIP-POWER

言葉のちから

COTAROU
COTAROU

よく、言霊(ことだま)という言葉を聞きますね。

言葉が目に見えない力を持っていることを意味するのでしょうが、発した言葉が何らかの形で現実に影響を与え、良い方向へも悪い方向へも導くという考え方のことですね。

少し考えてみましょう。

人は誰もが自分の口にする言葉通りの人生を送っている

 人は誰もが自分の口にする言葉通りの人生を送っています。

「そんな事はない」と思われるかもしれませんが、事実です。

 言葉は、自分に対しての一種の自己暗示です。

特に相手に向けて話している自分の言葉は、相手に集中している分、ノーガードで自分の脳に入ってきます。自分の言葉を1番聞いているのは、他ならぬ自分自身の耳です。

 過去、色々な人たちが色々な角度から成功哲学を述べてきました。

しかし、その多くが、根拠の無い精神論だけに偏り過ぎているものが多いのが実情です。

もちろん「前向きに生きる」「とにかく努力をする」等、心を変える為の訓練は必要です。

どういう風に生きればいいのかを学ぶことは大きな気付きになります。

 しかし、それだけでは限界があります。

「言葉の力」をうまく使う

 言葉は人間の心や表現に起きな影響力を持つという事を論理的にも体感的にも知ることができました。心は言葉を通して形になり、そこに感情が乗る事によって実現に向けて走り始めます。

 この事を意識しているのかいないのかは別として、上手くいく人はこの言葉の力を自分の体験を通して理解しています。

何かにチャレンジする時「私にはできる」と思い込んだ事は上手くいき、「無理かも」と口にした瞬間、言葉通り無理になります。

 では、心を変えればいいのか、というとその通りなのですが、何十年もかかって形づくってきた自分の心の癖というものはなかなか変わる代物ではありません。

 だからこそ言葉の力を使うのです。

良い結果を引き寄せるためには、日頃から、心がけて意識して、ポジティブな言葉を口にする機会を増やすようにすることがおすすめです。

例えば、何かをしなければならないときに「面倒くさいなあ」と言うよりも、「早く終わらせてスッキリしよう」と言ったほうが、前向きな気持ちで取り組めます。

日常生活のさまざまなシーンにおいて、ポジティブな言葉を使うようにすれば、自然と気持ちが明るくなります。

周囲をネガティブな気持ちにさせることもなくなり、互いに良い気分で過ごせるはずです。

まずは、自分の発する言葉の習慣を変える

 脳は、2割の映像と8割の言葉で創られていると言われています。

映像の記憶だけだったものが、言葉を誕生させ、使いこなす事により、人間は他の動物に比べて飛躍的に進化してきました。

 しかし、逆に人間を縛るのも言葉なのです。

 常識、過去のデータ、人の刷り込み。人は言葉を重ねながら思考を創っていきます。

思考とは言い換えれば言葉です。という事は、言葉を変えれば思考は変わるという事になります。

だからこそ、心ではなく、まずは自分の発する言葉の習慣を変えればいいのです。

 「仕事が忙しくて」「お金が無いから」「常識で考えると」「過去にも失敗したことがあるし」等、こうした否定的な言葉から始まる言葉や話を「マイナス言葉」「マイナストーク」、「必ずうまくいく」「やってみなければ分からない」「ありがとう」等、肯定的な言葉や話を「プラス言葉」「プラストーク」と言います。

人は当たり前にと思っている事を当たり前に実現する【自己肯定宣言】

 肯定的なプラストーク、プラス言葉を、常に自分にかける習慣、これを、「自己肯定宣言」と言うそうです。

上手くいってる人や成功している人は、いつも「私にはできる」と口にして、習慣化する事によって自分の中に自信を創っています。

その思い込みが、自分自身を成功に向けて引っ張っていく事を知っているのです。

買い物に行く、当たり前に会社に到着する、時間通りに目的地に着く、これは全て自分の意思による行動です。

 人は当たり前にと思っている事のみを当たり前に実現します。

誰もが、自分の設定した「意識の基準」の中で生きているのです。

プラス言葉やプラストークを習慣化する事によって、自分の意識が自然と変わり始めます。

それまでスルーしていた成長の種が、自分の眼の前に見えてくるようになります。

 「プラス言葉を口にする」、たったこれだけで自分の人生は大きく変わるのです。

信じがたい事かもしれません。ここでもプラス言葉とプラストークです。

 こういう所から人間というのは差がついていくのだそうです。

周囲へ感謝をする習慣を持とう

 「ありがとう」という言葉を耳にすると、やる気が高まったり元気が出たりする人は多いです。

たとえ、感謝をしてもらうために行動したわけではなくても、お礼の言葉を聞いて嫌な気持ちになる人はいません。

 どんなに小さなことでも、感謝の気持ちを持ったら「ありがとう」と伝えるようにしましょう。

周囲が明るくなると同時に、自分の気持ちも前向きになり、良い相乗効果をもたらしてくれます。

 また、「ありがとう」と言うことで、自分を助けてくれる人が周囲にいるのだと認識できるようになります。

そう認識することで、孤独に悩まされることも少なくなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました