これだけでバッチリ!~天皇中心の国づくり<家庭学習キョウコレ.02>~

TEACHING MATERIALS
COTECHI
COTECHI

こんにちは、COTECHIです。

この単元の舞台となる奈良、京都の地は、中部地方の多くの小学校が、修学旅行で実際に見学することになりますね。修学旅行が楽しみになるよう、進んで学習できるとよいと思います。

この「キョウコレ」は、「家庭学習、今日はこれだけは!」という意味です。
その日、学校で習ったことの中から、これだけを覚えれば、バッチリという内容を3分以内で復習できる内容としています。
先生方にとっても、『学び合い』を行い、授業の中で、歴史学習について、子供たちが話し合うことを中心に進めていくと、どうしても押さえるべき、社会的な知識が時間内に定着できないことがあります。
授業の終わりのまとめのプリントとして、家庭の宿題として、授業の始まりに、前時の復習として、あるいは、テスト前の確認として等、様々な場面でお使いいただけるよう、短時間で要点が明確にわかるように作成しました。

さて、聖徳太子のめざした国づくりは、どんな国づくりだったのでしょうか?

そして、その政治は、誰にどのように受けつがれていったのかについて、学習しましょう。

単元「天皇中心の国づくり」の概念的知識

聖徳太子の国づくりは、中大兄皇子(天智天皇)や中臣鎌足(藤原鎌足)によって受け継がれ、聖武天皇のころには、仏教を取り入れて、天皇を国(政治)の中心とした国づくり、政治の仕組みが確立された。

聖徳太子の国づくり 01

家庭学習で身に付けたい社会的事象(具体的知識).01

聖徳太子は、天皇中心の国づくり、政治の仕組みを整えるため、遣隋使を隋へ派遣して、大陸の文化を取り入れたり、冠位十二階や十七条の憲法を定め、政治の仕組みを整えたりした。

また、法隆寺を建てて、仏教を広めようとした。

覚えておきたい用語・語句

・遣隋使 ・隋 ・天皇 ・冠位十二階 ・十七条の憲法

家庭学習「キョウコレ」-聖徳太子の国づくり-

聖徳太子が行った政治<家庭学習キョウコレ.02>見本画像
聖徳太子が行った政治<家庭学習キョウコレ.02>見本画像

大化の改新と天皇の力の広がり 02

家庭学習で身に付けたい社会的事象(具体的知識).02

中大兄皇子と中臣鎌足は、勢力を強めた蘇我氏を倒し、天皇を中心とした国づくりを進めた。

国を治めるための法律もつくり、都である平城京には、日本各地から、多くの産物が運ばれ、天皇を中心とした国づくりを支えることになった。

覚えておきたい用語・語句

・大化の改新 ・貴族 ・中大兄皇子 ・中臣鎌足 ・律令 

家庭学習「キョウコレ」- 大化の改新と天皇の力の広がり -

大化の改新と天皇の力の広がり<家庭学習キョウコレ.02>見本画像
大化の改新と天皇の力の広がり<家庭学習キョウコレ.02>見本画像

仏教の力で国を治める 03

家庭学習で身に付けたい社会的事象(具体的知識).03

都では、病気が流行し、都を支える地方でも人々のくらしは厳しく、うまく政治を安定させることができなかった。

そこで、聖武天皇は、仏教の力を使って、この社会の不安をしずめ、なんとか国を治めようとして、国分寺をつくらせた。

覚えておきたい用語・語句

・聖武天皇 ・平城京 ・仏教 ・国分寺

家庭学習「キョウコレ」- 仏教の力で国を治める -

仏教の力で国を治める<家庭学習キョウコレ.02>見本画像
仏教の力で国を治める<家庭学習キョウコレ.02>見本画像

大仏をつくる 04

家庭学習で身に付けたい社会的事象(具体的知識).04

大仏をつくり、仏教の力で国を安定させようと、全国から、人や物資が集められた。

聖武天皇の詔の後、行基が弟子とともに大仏づくりに協力し、大陸のすぐれた技術をもつ渡来人の指導と、多くの人たちの力、協力があって、大仏が完成した。

覚えておきたい用語・語句

・聖武天皇の詔 ・東大寺 ・渡来人 ・行基

家庭学習「キョウコレ」- 大仏をつくる -

大仏をつくる<家庭学習キョウコレ.02>見本画像
大仏をつくる<家庭学習キョウコレ.02>見本画像

大陸の文化を学ぶ 05

家庭学習で身に付けたい社会的事象(具体的知識).05

聖武天皇は、中国大陸へ使いや、留学生を送って、大陸の政治の仕組みや文化を学ばせる一方、日本に正式な仏教を広めるために、鑑真を招いた。

このころ、日本には、大陸風の文化が伝わってきた。

覚えておきたい用語・語句

・遣唐使 ・正倉院 ・大陸の文化 ・唐招提寺 ・鑑真

家庭学習「キョウコレ」- 大陸の文化を学ぶ -

大陸の文化を学ぶ<家庭学習キョウコレ.02>見本画像
大陸の文化を学ぶ<家庭学習キョウコレ.02>見本画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました